(株)ホーコク製粉は、香川県観音寺市の製粉メーカーです。香川県産麦 さぬきの夢、うどん・パン・菓子専用粉等の小麦粉、さぬきうどん、そうめんなど、幅広く販売しています。
企業情報
TEL:0875-27-6565 FAX:0875-27-8885
企業情報
ご挨拶
創業85年さぬきうどんとともに!

  香川県の西部に位置し、昭和8年創業、30年株式化し、さぬきうどんの発展とともに歩んでまいりました。
  当初、さぬきうどんは小売店への卸製麺業者が主体となっておりましたが、宮田輝氏のNHK「ふるさとの歌祭り」以降さぬきうどんブームが起き、現在県下で900店以上の手打ち専門店が繁盛するようになりました。さらに土産うどん、乾麺、冷凍麺の大手製造業者など多数のメーカーがさぬきうどんを支えております。
  また瀬戸内海圏は天然魚貝類に恵まれて、早くから冷凍食品の一大コンビナートとして栄えております。そういう立地のもと、いかにスピーディにユーザーの皆様のご要望に対応するかというテーマに取り組んでまいりました。
  設備の近代化、サニテーション化はもちろん、商品開発における技術力・創造力、こだわり、小回り、スピードにおきましても愚直に取り組んでいきたいと考えております。
  地域での存在価値のあるお客様に認められる企業を目指して社員一同頑張って行きたいと考えておりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
代表取締役 尭天 啓行
企業概要
会社名
株式会社ホーコク製粉
所在地
〒768-0052
香川県観音寺市粟井町2227
TEL:0875-27-6565 / FAX:0875-27-8885
資本金
1,520万円
設立日
昭和8年5月
事業内容
小麦粉、プレミックスの製造販売
澱粉等食品素材及びうどん、そうめんの販売
代表取締役
尭天 啓行
従業員
22名
企業沿革
昭和 8年 5月
精米と呉服商の形で創業。
昭和16年 5月
尭天盛重が有限会社豊国製粉所を設立。
昭和30年 9月
株式会社豊国製粉所、資本金380万円日産設備能力74.1t。従業員35名。
昭和34年 9月
四国初の近代製粉方式ニューマティックミルを採用。
昭和36年 7月
徳島製麺組合の要請により、徳島市内に営業所を開設。
昭和39年 2月
資本金1520万円。
昭和41年 4月
高知市内に営業所を設立。
昭和42年 7月
日産設備能力101.7t。従業員38名。
昭和48年 5月
構造改善事業に参加し、7工場と業務提携し、核工場となる。
昭和54年 4月
工場全焼。11月、新工場運転開始。日産設備129.1t。
昭和59年 8月
全国構造改善事業計画により、150t粉サイロ、パレタイザー等を新設。
平成 3年 1月
プレミックス工場新設。
平成 6年 3月
株式会社ホーコク製粉に社名変更、尭天啓行が代表取締役社長に就任。
平成 8年 1月
ばら出荷設備、粉サイロ360t増設。現業役員従業員合計26名。
平成 9年 1月
ロール機4台、シフター2台更新。
平成14年 9月
包装ライン自動化、自動給袋機設置。
平成17年 4月
工場を品質管理基準「AIB基準」に準じて改善する。
平成18年 2月
南倉庫の耐震補強工事を実施する。
平成20年 3月
県道拡張工事に伴い、原料受入棟の新設。南倉庫の改修。第二倉庫の建設(収容能力17500袋)、2階に研修会室、開発室を併設。出荷ラインに殺卵機設置。
平成21年 3月
小麦粉上がり粉カットを更新、自動制御化する。全粒粉ラインを設置する。
平成23年 6月
ふすまバラ出荷ライン導入する。
平成24年10月
第一倉庫建設(密閉陽圧型)。敷地面積2100m2、倉庫面積1200m2、収容能力30000袋、 小麦粉専用倉庫とする。第二倉庫はプレミックス専用倉庫とする。
平成27年12月
プレミックス工場改修、屋根、壁塗装、窓、壁、天井、密閉度、断熱度を高め、隙間充填工事を実施する。
平成28年 2月
小麦粉包装ライン室を第一倉庫内に移転し、ふすまと小麦粉の包装室を別棟とする。
代表者
代表取締役 尭天 啓行代表取締役 尭天 啓行
企業理念
企業理念:お客様・地域社会への感謝、お客様へのスピーディな対応、品質管理・技術革新への愚直な取り組み
アクセスマップ